想い出よありがとう・(土・日は競馬三昧)

アクセスカウンタ

zoom RSS オケイちゃん(松山恵子)癌と死闘5月10日命日・・・・abcxyz♪・・・・

<<   作成日時 : 2017/05/10 00:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


オケイチャンと呼ばれフランス人形のようなドレスを着た、美人系の『松山恵子』という歌手を皆さんは良くご存知だと思います。あの明るい笑顔の彼女の一生は、闘病との戦いに明け暮れていたのです。

癌で死期が迫っていることを舞台で告白し、その三ヶ月後の2006年5月7日69歳で逝去された。

あの微笑みの裏には、不幸の神にとりつかれていたのだ。

1969年交通事故に遭い瀕死の重傷を負ったオケイチャン。
この時の輸血が原因でC型肝炎を患い、むち打ち症にも悩まされました。

亡くなるまで30キロ以上のドレスで身を飾り、ファンに笑顔を振りまき、右手ではいつもハンカチを振っていました。

一生結婚をしなかったが、四国の孤児院の子供達と交流を持ち、自分の子として可愛がり面倒を見ていた。
子供達からの手紙を読むのが最大の楽しみだ、と話しています。

そういえばラジオでこんな話もしていました。
「オケイチャンは18歳の時は綺麗だったんよ。名前は言えないけどね、ある作曲家が歌唱指導をしてくれるっていうのでその方のお家へ行ったんよ。そしたらいきなりブチューとされて慌てて逃げ帰ってきたんよ」

その後オケイチャンは肝炎から肝臓癌に変わり、死期を悟ったオケイチャンは1996年2月NHKの『シブヤらいぶ館、演歌一本勝負』に出演中の舞台から涙の告発をした。

ファンにオケイチャンはお別れの気持ちを込め涙の絶唱をした。

オケイチャンと観客との間に涙のテープが絡み合ったのです。この映像は最後にアップします。

その直後の3月入院、4月に容態が急変、5月7日永眠しました。享年69歳でした。

オケイチャン、ありがとう。あなたのことは一生忘れないよ。

松山恵子ダイジェスト



松山恵子 だから云ったじゃないの 1976



未練の波止場 松山恵子



松山恵子 最後の舞台・女の劇場(ガンの告白)この三ヶ月後永眠






人気ブログランキングへ


五月の宝石はエメラルド






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

オケイちゃん(松山恵子)癌と死闘5月10日命日・・・・abcxyz♪・・・・ 想い出よありがとう・(土・日は競馬三昧)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる